無くてはならない人材を目指して

一つの職場で長期に渡って勤務し続ける場合、大切になってくるのは人間関係です。

職場で発生するトラブルにさっと対応できると、職場で好印象を持ってもらえます。
トラブルで多いのは、急な欠勤です。病気や家庭の事情で出勤できなくなった人が発生した場合、嫌な顔をせずに対応してくれる人は好印象を持ってもらえます。

しかし、人間関係は難しいもの。好かれる女性になろうと努力した結果、単なる都合の良い人になってしまう可能性もあるため、少し注意が必要でしょう。
例を挙げると、面倒な仕事を何でも引き受けてしまった場合、それを通例として押し付けられるようになることは避けるべきです。

職場で一目置かれる存在になりたい場合、仕事ができる人間だと言う印象を与えるのが一番大切なことです。
同僚と自分の仕事の領分をきちんと線引きし、まずは自分の仕事を早期にこなしましょう。
しっかりと自分に与えられた業務をこなし、その後、他の人のトラブルを助けたり、イレギュラーで動いたりすることで能力のある人として認められます。

その他、様々な職場でありがちな問題と言えば、人間同士のイジメや派閥争いです。
ほとんどの人が内心で、「面倒くさい」と感じている問題でしょう。この問題をクリアにできれば、職場で愛されること間違いなしです。

しかし、イジメや派閥争いに踏み込む場合は、気を付けなければいけないことがあります。それは、トラブルを生み出している人との関係です。
イジメを行う人は職場の権力者であることが多く、踏み込んだせいで自分がイジメの被害者になる可能性があるからです。
そういう時のために、人脈を広げたり経験を磨いたりして、イジメのボスに負けない力を身に付けておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP